<   2016年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

福岡 オトナ女子の買い物ツアー☆ビネガーレストラン時季のくら 

職場でバスツアーに行かないか?と声を掛けて頂くのですが、私は自分で運転してどこにでも行くのでバスツアーって

「自由が効かない!」 「高い!」  自分で運転すれば好きなところに好きなだけ滞在できるから、時間もお金も勿体ない!って思うのです

それならば・・・  私が行きたいところでいいのならりんりんトラベルのオトナ女子の買い物ツアーを開催します  


7月16日(土) 3連休初日 いつものところに9時集合だったのですが、なんだかんだと9時20分出発となりました

予約は11時ちょうど! これは遅れること間違いなし  長崎から2時間ほどで到着するのでトイレ休憩はパスと思っていましたが

トイレの近いTさんが、「トイレ休憩はどこでしますか?」と  トイレが近いTさん やっぱり行くか!(笑)

雨が降ったりやんだりしてる中、3連休ということもあり高速道路はいつもより多いな~と思いながら運転しました

熊本地震により大きな被害を受けた九州地方を応援するための事業「九州ふっこう割」  九州自動車道の本線は71キロ渋滞の表示

九州観光周遊ドライブパスは平成28年 7月15日(金曜)~12月18日(日曜)(平成28年8月10日(水曜)~16日(火曜)を除く)まで

私達は長崎自動車道から大分自動車道へ行く為、九州自動車道の本線は通らないので ほっ

九州観光周遊ドライブパスの利用の際は時間に余裕を持って行動されるのがよろしいかと思います

この後、1週間後にも高速道路を利用しましたがいつもの休日より混んでいました



b0205305_218302.jpg


福岡県朝倉にありますビネガーレストラン時季のくら

福岡県大川市にあるRistrante SHOUBUN(リストランテショウブン)の姉妹店になります(その時の記事はここ☆



b0205305_2185685.jpg


高い天井に大きな窓から日が差し込みとても心地いい空間です



b0205305_219215.jpg




b0205305_2192063.jpg


どっしりとしたソファータイプの椅子はふかふかで長居してもきっと疲れないはず



b0205305_2193977.jpg


食前酒ぢゃあなくて・・・生姜酢  ジンジャー!の苦味がキューーーーー!



b0205305_2195358.jpg


ひと口前菜の盛り合わせ



b0205305_219598.jpg


季節のサラダとトウモロコシの冷製ポタージュ  とうもろこしの甘味が凝縮されて美味しい~

ビネガーパン ビネガー?酸っぱさは全くありません お酢というだけで体に良さそう(後でわかったのですが、ぱんのもっかさんのパン)



b0205305_21101071.jpg


豚肉のマリニエールソース添え or



b0205305_21102067.jpg


私が選んだスズキのグリル  お酢を使ってるからさっぱりとしたソースがお魚によく合います



b0205305_21121496.jpg


デザートにパンナコッタと柚のシャーベット



b0205305_2112658.jpg


飲み物はとりんご酢のジュースだったかな?!



b0205305_18503981.jpg


お食事の後はレストランに併設されてるビネガーショップで、料理酢やフルーツビネガーなど・・・  お土産にみなさん品定め

南蛮の素に浸すだけで作れる オクラ×エノキ  とまと×きゅうり  ごま油×もやし(ナムル風)  ( ..)φメモメモ

試食で美味しかったので、超手抜きの時にマネッコして作ってみました(お店の方は3日置いた方が美味しいとのこと)



隣の建物にはお酢の蔵がありまして、お店の方にお声を掛けると見学させてくださいます

4月の某日が蔵開きだったのでお伺いするつもりが、熊本地震で中止になり・・・やっとの訪問となりました





*㈱庄分酢 朝倉工場 ビネガーレストラン「時季(とき)のくら」 *

住所:福岡県朝倉市杷木林田字二十谷1258番4
電話:0946-62-3770
店休日 毎週水曜日





①オトナ女子の買い物ツアー☆ビネガーレストラン時季のくら   タイトルをクリックすると続きがご覧になれます

オトナ女子の買い物ツアー☆道の駅うきはランキング1位とぱんのもっか

オトナ女子の買い物ツアー☆cafeたねの隣りと和菓子葡萄家
[PR]
by rinrin-world | 2016-07-30 00:20 | fukuoka walk | Comments(4)

2016年6月 ザルツブルク メンフィスベルクの丘で歴史地区と古城のコラボを一望する

b0205305_1622234.jpg


丘(崖)の上にある近代美術館  本日の〆に美術鑑賞?!  ザルツブルクカードを利用してメンフィスベルクの丘へエレベーターでビュ~~~ン



b0205305_1626191.jpg


小高い丘陵の上に立てられた展望台からは、眼下に広がるザルツブルク市街の歴史地区  そして見上げればホーエンザルツブルク城



b0205305_16344626.jpg


ザルツブルク市街の歴史地区とホーエンザルツブルク城のコラボはメンフィスベルクの丘から眺める方が最高デス



b0205305_16273891.jpg


中世にタイムスリップしたかのような佇まいにため息の連続  このあと行ったドイツの街並みとはまた違った良さがあるのです



b0205305_16275953.jpg


旧市街の美しい教会群



b0205305_162811100.jpg


崖の上に建つホーエンザルツブルク城



b0205305_1629472.jpg


新市街の方へ目をやるとザッハトルテで有名なホテルザッハ  オーストリア発祥のケーキ ザッハトルテ

最後まで迷いに迷ったザッハトルテ チョコレートケーキは甘すぎて私は苦手なので食べに行きませんでした

ホテルザッハでザッハトルテを食べることがスィーツ好きにはステータスだとか・・・  その代わり老舗カフェに行きましたよん(後日UP予定)



b0205305_16301335.jpg


三位一体教会も見えました~  遠くからだと電線が写らないからなかなか素敵な光景だわ



ここからホテルへ帰ることにしたのですが、歩きすぎてとてもとても足が痛くてバスに乗って帰ろうかと・・・

ホテルへ歩きながらザルツブルク駅行きのバスが通ったら乗ろうと思いバス通りをトボトボ・・・



b0205305_17265066.jpg


ミラベル広場近くにバス停があったのですが、タイミングが合わず orz   目の前にはザンクト アンドレア教会

中に入る気力は残っておらず、パチリするのが精一杯  ザルツブルクのバス路線って複雑で下調べもしてなかったのでホテルまで徒歩で帰還



b0205305_17254892.jpg


夕飯はどこかで食べようと思っていましたが、ホテルで早くゆっくりしたかったのでザルツブルク駅近くのインビスでソーセージを買って食べました

お店のお写真も取ってなくて、かなり疲れていたのでしょうね   ここのソーセージが1番美味しかったです




20時前にホテルに戻り、お化粧も落とさず・・・ いつの間にか寝落ちしてました
[PR]
by rinrin-world | 2016-07-28 17:05 | 2016/6GermanyAustria | Comments(0)

2016年6月 ザルツブルク 馬洗い池とゲトライデガッセの鉄細工看板に魅了される

b0205305_21491997.jpg


ザルツブルクで毎年夏に開かれる音楽祭♪♪♪  こちらのザルツブルク祝祭大劇場の前は大混雑するそうです

人が増えるとゆっくり観光したりお写真撮ったりできないので、敢て7月と8月の旅行は避けました 

雨の降る6月(sunday)18時頃のザルツブルク祝祭大劇場の雰囲気はこんな感じでした(今頃は賑わっているでしょうね~)



b0205305_21512266.jpg


ザルツブルク祝祭大劇場の横には馬洗い池  馬を洗う池? 昔 馬を洗っていたってことかしら? 



b0205305_21522729.jpg


池の周りには馬をモチーフにしたフレスコ画が描かれていました  人工池に馬の銅像と画があった!だけでした



b0205305_21523843.jpg


苔に覆われた寂れた池があって・・・・・ と私の期待!想像が大きかっただけに拍子抜け028.gif

いやいや・・・躍動的でダイナミックな馬からパワーを貰ったということにしておきますか!



b0205305_21525022.jpg


石造りのブラジウス教会が見えたらなんとなく足が向かってしまいました  こういう小さくて素朴な教会もまたいいものだ



b0205305_2153551.jpg


雨は嫌だけど、教会に絡まってる緑が生き生きと見えますね~



b0205305_22263457.jpg


ブラジウス教会の前からゲトライデガッセをお散歩します!  Louis Vuitton からスタートしますよん



b0205305_22305485.jpg


ザルツブルク旧市街のメインストリートゲトライデガッセ  両側に店のシンボルをかたどった鉄細工の美しい看板が出ています 



b0205305_22323483.jpg


気品ある建物がずら~っと建っている光景にうっとりし、軒下の可愛くて美しい鉄細工の看板を見ながら歩くだけでも楽しくって♪

以前はお土産屋さんとかお洋服や雑貨など寄り道していましたが、そういうこともほとんどしなくなったな~



b0205305_22362656.jpg


マクドナルドだってこんなに素敵な看板なんですよ



b0205305_2240686.jpg


街並みと看板に魅せられたゲトライデガッセ  楽しかったな~☆ 夜のライトアップされた看板はきっと幻想的なんだろうな~☆



うっとりしたので このまま余韻に浸りつつホテルに帰ろうと思っていましたが、やっと雨が上ってきました

もし もしよ! 明日これ以上お天気が悪くなったら最悪なので、最後にもうひとつだけ観光してから帰ることにしました

その時の気分で方向転換できるってひとり旅だからできること!  ひとり旅☆最高デス



そそそ・・・ 「ひとりで行ってきた~!」って職場で話していたら、「1週間、誰とも話さなくてもどうってことない?」って不思議がられました

「別に・・・」って答えましたが、誰とも話さないってことはないでしょう?  道を尋ねたり、レストランで注文したり・・・ 声は発しますけど(笑) 

こういう感覚はひとり旅が好きじゃないときっと理解できないでしょうね!
[PR]
by rinrin-world | 2016-07-27 00:01 | 2016/6GermanyAustria | Comments(0)

2016年6月 ザルツブルク ザンクト・ペーター教会と鉄細工が美しい教会墓地

b0205305_19491834.jpg


旧市街では歩くたびに教会に行きあたりました!  どの教会も見ごたえ充分で素晴らしいのでなかなか前に進めません

大聖堂を抜けたら、お写真では見え難いけど(左側)水車小屋がありました  奥にはホーエンザルツブルク城へ続く急勾配のケーブルカーの線路



b0205305_206432.jpg


ザンクト・ペーター教会の敷地内には



b0205305_19543263.jpg


ザンクト・ペーター墓地



b0205305_19551152.jpg


モーツァルトの姉ナンネルが眠っているそうです



b0205305_19552072.jpg


可愛らしい墓地にたくさんのお花が咲き乱れていました



b0205305_2034528.jpg


左側にもお墓があるのですが、正面から撮影するのがなんとなく・・・  ワタクシ怖がりだから・・・  こういうところは早歩きになります



b0205305_2020664.jpg


若き日のモーツァルトが演奏したといわれる歴史ある教会  ザンクト・ペーター教会の中に入ってみましょう~♪



b0205305_20484613.jpg


ドイツ語圏で最も古い修道院のひとつ  教会は18世紀後半に後期バロック様式で改築されたもの



b0205305_2081719.jpg


厳かな雰囲気の中、お祈り中の方もいらして パチパチとシャッターを押すのも憚られ、信者の方の日常のお祈りも観光客がザワザワして申し訳ない



b0205305_20223825.jpg


微笑ましい宗教画を見ながら天井をパチリ  こういう画は自然と笑みがこぼれます



b0205305_20204610.jpg




b0205305_20222460.jpg


ザルツブルクグの広場に出る度に、噴水などの水場や銅像が建っていました



b0205305_2056597.jpg


ザンクト・ペーター教会×ホーエンザルツブルク城のコラボ  これで青空だったら完璧だったのにな~



b0205305_20571735.jpg


上のお写真とどちらもお気に入りです~ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪   どっちも選べないので両方UPします





( ..)φメモメモ(たまたまネットで見つけたのですが、こんな記事がありました)

2016年6月27日(月)

ザルツブルクにある「ザンクト・ペーター教会」に隣接する「ザンクト・ペーター墓地」は、今後、観光目的での入場が不可となりました

私が訪問したのは2016年6月26日(土)だったのでギリギリ入場できました
[PR]
by rinrin-world | 2016-07-25 00:01 | 2016/6GermanyAustria | Comments(2)

2016年6月 ザルツブルク レジデンツ広場を中心にグロッケンシュピール!大聖堂!レジデンツ!

b0205305_22595888.jpg


見どころ満載の旧市街の位置関係からスタートします(翌日に行ったホーエンザルツブルク城からの眺めです)

こんな感じでギューってまとまっているので日帰りでも充分観光はできると思います  私は郊外にも行ってみたかったので1泊することにしました

レジデンツ広場を中心にグロッケンシュピール(新レジデンツ) 大聖堂 レジデンツがあります



b0205305_2001662.jpg


こちらのグロッケンシュピールの塔に35個の鐘があるのですが、18時になるとモーツァルトの曲が奏でられ心地よいメロディーが響き渡っていました~



b0205305_18155453.jpg


レジデンツ広場の中心にはザルツブルク最大の噴水 アトラス神の噴水  高さ16Mもあるそうです



b0205305_18151888.jpg


ザルツブルク大聖堂は、1628年にバロック様式によって建て直されたものです  ファザード前の広場は工事中でした



b0205305_18133894.jpg




b0205305_1814126.jpg


レジデンツ広場のアトラス神の噴水と大聖堂  その横にはレジデンツ



b0205305_18435172.jpg


大聖堂とレジデンツを結ぶピロティではヴァイオリン弾きのパフォーマー(ドイツもオーストリアもいろんなパフォーマーを見かけました)



b0205305_18181765.jpg


レジデンツの東側の入城門の装飾は、とても見事な彫刻が施されていました  上部には三人の大司教の紋章

ひとつひとつ手や足の動きが違って細かいところまで造られて、外側だけで充分満足しましたよ~(笑)



b0205305_18452235.jpg


ザルツブルク大聖堂の内部には入ってみましょう~♪  1628年にバロック様式によって建て直されたものです



b0205305_18454884.jpg


正面の祭壇



b0205305_1848713.jpg


そして天井の素晴らしさ  教会の天井の装飾やステンドグラスは教会ごとに特色があるから内部まで興味津々です



b0205305_18472964.jpg




b0205305_18461140.jpg


大聖堂にはヨーロッパ最大のパイプオルガンがあるのです~  お写真を撮っていたのにボケボケでした(涙)

こちらは左右にあったパイプオルガン   とても大きくて素晴らしい教会でした
[PR]
by rinrin-world | 2016-07-24 00:01 | 2016/6GermanyAustria | Comments(0)

2016年6月 ザルツブルク 旧市街 モーツァルトの生家

b0205305_15303315.jpg


ザルツァッハ川を渡ればもう旧市街  旧市街×ホーエンザルツブルク城の眺めにキュンキュン (*゚ー゚*)



b0205305_1501316.jpg


橋を渡ってなんとな~く歩いているとモーツァルトの生家に辿り着きました  1階は な・な・なんとスーパーマーケットSPARです

となりはノルトゼー(Nordsee)というガイドブックにも掲載されてるシーフードのお店でした

入口のオーストリアの国旗がお出迎え♪  ザルツブルクカードを提示して見学しますよ~ん



b0205305_1503968.jpg


入ってすぐにお台所



b0205305_152487.jpg


階段を登って行くとモーツァルトが利用したピアノなど楽器が展示されています



b0205305_1521831.jpg




b0205305_1541758.jpg


生活感あふれるチェストなども



b0205305_1544770.jpg




b0205305_15255567.jpg


雨は降り続いていますが中世ヨーロッパの雰囲気が残るゲトライデガッセ通り



b0205305_152610100.jpg


街歩きしてるだけでも楽しくって♪



b0205305_155396.jpg


ぶらぶらしてたらモーツァルト広場に出ましたよん
[PR]
by rinrin-world | 2016-07-22 00:01 | 2016/6GermanyAustria | Comments(2)

2016年6月 ザルツブルク 新市街を歩きます☆三位一体教会とモーツァルトの住居

b0205305_2112637.jpg


ミラベル庭園(ここ☆ )から旧市街へ向かいながら歩くと三位一体教会が見えてきました



b0205305_2123541.jpg


すごーくすごーく印象的な建物なのに目の前のゴチャゴチャした線がブチ壊してる~~~   電線かと思っていたら電気で動くバスの線でした

円形の青い屋根のドームと両側にシンメトリーな時計塔ってヨーロッパには多いのかな?!  それによく見ると時計の針が正確なのです

日本じゃこういうお外にある時計って、止まってるか 狂ってるのがほとんどでしょー!  しっかりメンテナンスが行われてるんですね~



b0205305_21105794.jpg


ミラベル庭園も設計したオーストリア・バロック建築のヨハン・フィッシャー・エルラッハにより設計されました

明日時間があったら中に入ろうと思っていたら、すっかり忘れていました  後で・・・と思っていたところはほとんど忘れてしまっていましたよ

やっぱり 行きたい! 行こう!と思うタイムングに行くのが1番いいですね  多分 私の中では重要項目ではなかったと思われます

だって、箱の部分にしか興味がないからね! はははっ



b0205305_21161576.jpg




・・・テクテク



・・・・・ウロウロ



・・・・・・・キョロキョロ



街並みはどこをみても素敵すぎて何度シャッターを押したことか



b0205305_21164266.jpg


モーツァルトの住居   モーツァルト一家が1773年から80年まで住んでいた家

第2次世界大戦の被害を受けたが修復され、現在は博物館となっています  ザルツブルクカード入場可



b0205305_21165656.jpg


手書きの楽譜やヴァイオリンなど、日本語オーディオを借りて住居を見て回りました  住居内はモーツァルトの曲が流れていましたよん

お写真がこれ1枚しかなので撮影禁止だったのかな~? 記憶にないな・・・



b0205305_21171138.jpg


ザルツブルクカードで 「ザッハ川の遊覧船に絶対に乗る!」って決めていたのにザーザーと雨が降ってるし、肌寒いしで諦めました

さ~て、ザッハ川を渡ったら旧市街です  時間の許す限り、そして足が痛くなるまで世界遺産の市街地を歩き尽くすぞー!  おおぉー!
[PR]
by rinrin-world | 2016-07-21 00:01 | 2016/6GermanyAustria | Comments(2)

2016年6月 ザルツブルク ミラベル宮殿とミラベル庭園

ザルツブルク1日目は新市街を観光することにしました  時間が余れば旧市街をかる~く回ろうという目論み

ザルツブルク市街の歴史地区は 「新市街」「旧市街」 その両方が1996年オーストリアの世界遺産に登録されました

イタリアの都市になぞらえた、「北のローマ」や「北のフィレンツェ」といったような呼び方もされていたそうです

イタリア♪  いつか行ってみたいな~♪  サウンド・オブ・ミュージックの舞台にもなったようですね~♪



b0205305_0141057.jpg


ホテルから歩いてミラベル宮殿&ミラベル庭園からスタート(途中迷ったりして、30分以上は掛かったんじゃないかな?!)



b0205305_2257870.jpg


初めにミラベル庭園を見下ろせるところに到着しました  庭園の中央にはペガサスの泉  そして向こう側にホーエンザルツブルク城塞

手前にはど~んと存在感があるザルツブルク大聖堂   ここからの景色が1番感動しました~☆  



b0205305_237311.jpg


薔薇×ホーエンザルツブルク城で写したつもりがぼかし過ぎちゃいました~(なんとなくわかる?!)



b0205305_23101970.jpg


ドレミの階段を下りたら



b0205305_23113436.jpg


ペガサスの泉



b0205305_23115071.jpg




b0205305_23153690.jpg


たくさんの 色とりどりの お花が咲く今の時期に旅行にくることができてホント良かったです~  



b0205305_2316343.jpg


薔薇のトンネル   これからどんどん咲いていくのかな



b0205305_2317816.jpg




b0205305_23172728.jpg


のんびり~とベンチに座って庭園を眺めていたいな~と思いますが、観光客の身!貧乏性の性! ジッとなんかしてられません~



b0205305_23175590.jpg




b0205305_23192995.jpg




b0205305_23193937.jpg




b0205305_23204100.jpg


ミラベル宮殿(「美しい眺め」という意味)は1606年に建設され、現在は行政や図書館として利用され見学できるのは「大理石の間」だけです

モーツァルトも演奏したことのある由緒ある大広間  翌日見学に行ってみようと思っていましたが・・・そんな時間はありませんでした~
[PR]
by rinrin-world | 2016-07-18 00:01 | 2016/6GermanyAustria | Comments(0)

2016年6月 ザルツブルク 駅近☆ホテルペンションアドラーホフ(Adlerhof)

b0205305_23122045.jpg


ザルツブルク駅から徒歩5分のアドラーホフ(Adlerhof)を利用しました

スーツケースを引いて行かなくちゃいけないかも?!と思っていたので、駅近くでお安く利用できるところを探しました



b0205305_2313980.jpg


チェックインの時 宿泊カードに記入するのですが、最近 老眼近視になって細かい字が見えないのです

どこに何を書いていいのやら・・・  離してみたり、傾けたり、光の加減で見難かったり、英語読めないの?って呆れられたかも

いやいや・・・ 字が小さくて見えないのですよー!  やっぱりいい加減 眼鏡を買わなくちゃね



b0205305_23195082.jpg


カードキーではなく、昔ながらの重たい鍵でした



b0205305_23205731.jpg




b0205305_23211715.jpg


タブレットで遊んでいたらいつの間にかこちらのソファーで寝てました  サクサク繋がる無料のwifiが利用できます

肌寒かったので利用していませんが、冷房がないので扇風機が置いてありました



b0205305_23221558.jpg


ホテルにあるコップが使い捨てタイプで潔癖症の私には助かりました(日本から紙コップ持って行ってました)



b0205305_23222564.jpg


シャワールームは扉がきちんと閉まるので外に水が飛び散ることもなく使い勝手良し



b0205305_2322429.jpg


アメニティはありませんので持参する必要があります  室内は簡素な造りでしたが、清潔で問題ありませんでした


急いでお部屋のお写真を撮ったら、新市街へ向けて早速観光することにします  いってきま~~~~~す♪♪♪



( ..)φメモメモ

ホテル周辺は静か  ホテル前のパン屋さんにひっきりなしにお客様が出入りしていました  特に怖い思いもせず、治安も問題なし

ザルツブルクカード(ホテルで販売されてるとは知らず駅で購入しました)も観光マップもホテルに有

旧市街地までは徒歩20分  初日は頑張って歩いて行きましたが、翌日は足がかなり疲れてクタクタでバスを利用しました

6月末のオーストリアは雨のせいか夕方から肌寒くなりました  薄手のパーカーを着てましたが夜歩いていると寒かったです

それにひざ丈のスカートだったので、足が寒くて・・・   1泊でしたが旧市街地のホテルが便利だったかも?!
[PR]
by rinrin-world | 2016-07-17 00:01 | 2016/6GermanyAustria | Comments(0)

2016年6月 ザルツブルク ドイツ鉄道を使って国境を超えます

レジテンツの見学をした後にSバーンでミュンヘン中央駅に向かったのが悪かった

Sバーンはミュンヘン中央駅の地下に停車するので、DBのホームを探すのにウロウロ  時間に余裕があると思っていたのに広すぎる~



b0205305_22432585.jpg


高校生くらいの女の子に教えて頂き、ホームに着いた時は発車までわずか  ランチにサンドイッチを購入して乗車しようと思っていたのにー!



b0205305_22443935.jpg


予定通り11:55発に乗車しました  DBのホームページから停車駅を印刷しておくと安心です

「今、どこを通ってる~?」 「間違いない?」って、ひとり旅だと余計な心配や心細さがあるけれどドキドキせず余裕のよっちゃんでした



b0205305_22491549.jpg


パスポートチェックもない・・・国境を越えた実感はありませんでした~(スタンプがないって悲しい)   この川を渡ったらオーストリアってことかな?!



b0205305_22515566.jpg


モーツアルトの街 音楽の街というのに簡素な駅舎という印象でした   ザルツは「塩」、ブルクは「砦」の意味

お塩だから駅は白いのかな~? な~~~んて アホな事を考えたり ヾ(--;)ぉぃぉぃ



b0205305_2372467.jpg


ホテルへ向かう前にザルツブルクカードを駅の観光案内所で購入しました   私は24時間有効のカードをGET(27€)

カードの裏に名前 利用開始日 利用開始時間を自分で記入したら使用開始です

このカードはザルツブルクの主要観光施設が無料! そしてザルツブルク市内のバスも乗り放題になるのです   充分元は取りましたよ~041.gif
[PR]
by rinrin-world | 2016-07-14 00:01 | 2016/6GermanyAustria | Comments(0)